読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

車中に涙。

今さらながら、

武田百合子の『犬が星見た』と『富士日記(上中下)』を続けて読了。

通勤電車の往復だけ、ちびちびと読んでいたので時間がかかってしまった。

富士日記』下巻では終わりが近づくにつれ、泰淳に刻々と死が迫りつつある様子が、今までの天気や料理、生物への描写と同じように、淡々と同じ温度で綴られており、それがなおさら、切なくて胸を締め付けていく。最後は百合子さんの9月の日記の追記と、水上勉のあとがきを読んだ途端、涙が止まらなくなってしまった。

電車の中なのに。

ほんとに素晴らしい随筆集だと思う。この人の感性只者ではない。(既に誰もが言っているけど。)

これで、武田百合子の作品は全作読んだのかな。

まだ読んだことがない武田泰淳の作品も読もうかな。という気にさせられた。

しかし、積読書籍がまだまだ山ほどあるので、いつ頃手に取れるのかは、お楽しみだわね。