読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

激混み、高尾山。

mountain

 

日曜日。

仕事関係者3人で高尾山へ登る。高尾山に一度も登ったことがない、という青年を連れて山の良さをアピールするツアーである。

土日は混むのを予想して、東京駅6時発くらいの中央線で高尾へ向かった。

 

登山口には、ケーブルカーの始業を待つ列が高橋家くらいまで続いていた。

朝の7時半でこの状態って、、、結構危険だ。

 

本日はお天気も良くて、かなり暖かい気候。ダウンも持ってきたけど一切必要なさそう。

初めての若者がいるので、山らしい表情をしている6号路を歩く。人は、多すぎず、少なすぎず、渋滞はしない程度のにぎわい。ペースをつかむのにはちょうどいい。

 

雲一つない空の下、水のせせらぎをBGMにハイキング。楓等、落葉樹の落ち葉を踏みしめてさくさく登る。なんとも気持ちがいい。

 

6号路最後の木段を超えて、1時間ちょっとで頂上へ。

f:id:Hi_nekosan:20161121122519j:plain

富士山も綺麗だ~。紅葉は終わりに差し掛かっているくらいだろうか。紅葉の赤も濃く鮮やかに彩っていた。

写真は、見た感じ、人がいなさそうに見えるけど、周りには結構な人数が。

ぎりぎり石の縁に座れるくらいの状態だった。

頂上では、持参したバーナーでインスタントコーヒーをおもてなし。

インスタントも、山の上だとどうしてこんなに美味しく感じてしまうのでしょうね。

青年も、景色と温かいコーヒーを飲んで満足してくれた。よかった。

 

さて、下山。

1号路を降りる。

下れば下るほど、尋常ではない様子がうかがえる。

人、、、大杉。orz

金毘羅台のあたりでは、道のほとんどが登り客で埋め尽くされていた。

やばいやばいね、、、と言いながら、ケーブルカー駅のところまで下り着くと驚愕!!!

すべてが人!

足元が見えないくらいの人人人!

(あまりにあっけにとられて、写真は撮れなかった。)

いやあ、高尾山歴30年以上の私ですが、ここまで混んでいる高尾山、見たことない。

これは、ディズニーランドも超えている。これで、頂上どうなっているんだろう?!

こんなので登山しても、全然楽しくないよー!!!

 

とりあえず、麓の高橋家で蕎麦を食べて帰宅。

帰りの電車もぎりぎり座れるくらいだった。

 

土日の高尾山は、7時には登り始めないとまずい。日本一、大人気な山になっちゃったんだなあ。