読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

蔵王で雪山ハイキング。

 

週末、蔵王へ雪山ハイキングをしに行ってきた。

今回は、友人とツアーで参加。

東北新幹線白石蔵王まで行き、ツアーバスに乗って蔵王温泉へ。

 

ホテルに着くなり、足慣らしのため、ガイドさんとホテルの裏手を散策。

ツアーの客みんなでかんじきをはいてレッツゴー。

 

f:id:Hi_nekosan:20160311204440j:plain

f:id:Hi_nekosan:20160311204504j:plain

鴫の谷地沼まで辿りついてぐるっと散策。途中、キツネやウサギの足跡が。みなさん夜行性なので昼間は会えませんな。残念ね。

横倉瀧まで歩いてホテルに戻る。

往復で1時間くらいだっただろうか。雪の中なので意外と疲れる。

 

温泉に浸かって、ホテルで夕飯。

山形の地酒を飲む。うぃー。うめえ。

f:id:Hi_nekosan:20160311204822j:plain

ホテルに置いてあった、子供用の椅子。

顔になっていますの。可愛い。

f:id:Hi_nekosan:20160311205418j:plain

ほろ酔いで泥酔。お休みなさい~。

 

2日目。

5時半起きで支度をする。

蔵王山麓駅からロープウェイに乗って出発。

 

f:id:Hi_nekosan:20160311205515j:plain

ロープウェイを乗り継いで、地蔵山頂駅で降りる。

そこからかんじきをはいて、出発。

30分くらい歩いて地蔵山(1736m)へ。

f:id:Hi_nekosan:20160311210120j:plain

 

f:id:Hi_nekosan:20160311210321j:plain

雪だらけ。

f:id:Hi_nekosan:20160311210353j:plain

これも樹氷の一種。らしい。

f:id:Hi_nekosan:20160311210424j:plain

見渡す限りの雪景色。今日は風もなく、天候良し。

 

f:id:Hi_nekosan:20160311210444j:plain

避難小屋も雪まみれ。小屋の中も霜が張っているのが小窓から見える。

 

熊野岳に寄る前に、蔵王の名物の「お釜」をのぞく。

f:id:Hi_nekosan:20160311210515j:plain

で、でかい。ダイナミックですな。

火山警報も出ていないので、ぶくぶくもしていない。

ガイドの先生曰く、この時期にお釜まで来られることは滅多にないそうなので、ラッキーだったようだ。(普段は、暴風や吹雪でここまで来るのが難しいらしい)

そして、さくさく歩いて、熊野岳山頂(1841m)に。

f:id:Hi_nekosan:20160311210541j:plain

もはや、「熊野岳」の標識が見えん。

左下には三角点もあるのだけど、、、埋もれている。

 

下山は、ロープウェイを使わずに、かんじきでえっちらおっち降りる。

途中、小さいけど樹氷がちらほら。今年は暖冬のためスノーモンスターなる大きい樹氷は見られないそうだ。

f:id:Hi_nekosan:20160311212103j:plain

 

トータル4時間強の雪山登山。良い運動になったな。

 

ちなみに、蔵王のかんじき。立山かんじきよりも気持ち一回り小さい気がする。

f:id:Hi_nekosan:20160311210650j:plain

 

下山後、また温泉に浸かり、近所の喫茶店でお昼を食べる。

友人は、チーズドリアで、私はカレー。

f:id:Hi_nekosan:20160311210713j:plain

f:id:Hi_nekosan:20160311210754j:plain

美味しかった~。ごちそう様。

 

身体も綺麗になったし、お腹もぱんぱん、大満足。

アーバスに乗って、仙台駅に行き、新幹線で岐路へ。

 

蔵王は初めてだったのだけど、温泉も硫黄泉で肌に良かったし、食べ物も、飲み物も美味しかったし、雪の質もさらさらで、とてもいい場所だと分かった。

よし、また来よう!