読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

緊急ダイエット。

 

人間ドックを控えているのでダイエットをしているのだが。

もう寸前すぎるので諦めてもいる。

 

しかし、緊急に減量、、、というか身体を絞らねばならない事態に遭遇した。

 

今年はまたアルプスをがしがし登ろう!と思っているのでシーズンは山の予定が埋まりつつある。

登る山によっては、またはガイド登山によっては、ある程度の装備が必須だったりするので、足りないギアを買い足しに行ったのです。

それは、レッグループのハーネス。

こういうの。

モンベルのサイトより拝借したよ。

f:id:Hi_nekosan:20160525120823g:plain

 

ギアに詳しい山友達が「男女兼用サイズだから猫はどこどこのメーカーのXSで大丈夫だよ」

というので、XSで試着をした。

若い可愛らしい女の店員さんの目の前で。

そーしたら!

レッグループが太ももで引っかかって、全然上まで上がらない(入らない)。ウエストは結構空いているのだが、太ももがパンパン過ぎて、ボンレスハムみたいな状態に。

「じゃあ、ひとつサイズ上げてSにしましょう」

と店員さんのアドバイスでSを試着。

ぬぬぬ!!!

これも、きつい~(叫)!!(T_T)

そして、更にウエストはがばがば。

店員さんも、「何かがおかしい、何かが違いますね…」

と困惑気味。というか、苦笑気味。

なんなの?!私の、バランスの悪い身体!

ありとあらゆるハーネスを試着して、結局ウエストも、レッグも、アジャスタブルバックル付のすべてが調整可能なハーネスに決定。で、ご購入。

 

言っておくが、ここ数か月で3キロ肥えたが、それでも普通の体型ではあるはずなのだよ。た、たぶん。

それが、ここではとんでもないデブ扱いを受けるという屈辱!ぷんぷん(-"-)

なんたるや!

 

でも、まあ。。。

冷静に考えてみれば、デブは岩なんて登らない。壁も登らない。そもそも興味もない。

なので、ハーネスは小柄で細身の筋肉質の人が前提で作られているってことなのよね。

くっそー。痩せてやるぜい。太もも細くなってやるぜい。

のんきにシウマイ食っている場合じゃなかったぜい。