きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

~ソウルの土産物、つられる買い物って、恐ろしい~

 

今回のソウルのお土産を紹介します。

今回は、これを買うぞ!という目標もなかったので、ただ、なんとなく使うものを買ってしまったような。あとは、妹に頼まれたものなどがあるかな。

 

さて、化粧品、ビューテー編。

f:id:Hi_nekosan:20171215122312j:plain

上から時計回りで、

キールズのシャンプー&トリートメント(オンライン免税店で。2割引くらい)

Dr.VITAのビタミンCマスク1箱10枚

Dr.jartのシートマスク2箱(ビタミンCとハイドロなんとか各10枚)

SNPのダイヤモンドブライトニングマスク1箱 10枚

これらマスクたちは1箱8000w~10000w前後だった気がする。

Forencosソン・ジュンギマスクバラ5枚 1枚400w。

LINEのコニーとサリーのイラスト入りマスク 1枚1000w

仁寺洞の古誾斎の石鹸(マッコリとなんだったかなぁ。レモングラスのいい匂いがする。調べたら更新します)、1個12000w~15000w

石鹸の左側にある物は、妹からの頼まれ物

(トニーモリーのSKⅡと同じ成分で謳われている代物の最新版。普通肌用と乾燥肌用1+1で35000w、バニラコのプライムプライマー22000w、イニスフリーのザ・グリーンティーシードセラム これが、マスクショップで15000wだった。7000wも安いとは。It's skinのVCエフェクター9000w)

シャネル レ キャトルオンブル4色アイシャドウ 2ケース(日本では、1ケース7452円のところ、成田免税店で6500円)これについては後述。

ハヌルホス リップクリーム2本 70000w(オンライン免税では5.5$です!)

ディプティック 石鹸(免税店10%引)

ハヌルホス 韓方石鹸(免税店10%引)

ハヌルホス クレンジングパウダー(免税店10%引)

THANN ライス石鹸(免税店10%引)

というくらいでしょうか。つられて買ったにしては大杉(笑)

普段使う物=石鹸なので、馬鹿みたいに石鹸をたくさん買い込んだ。

このうちいくつかは妹や友人に、良さを分かってもうらうために、あげるつもり。

今回はトンインビ等の韓国化粧品は買わなかった。

なぜならば、もっとスゲー!ものに出会ってしまったんで(笑)

それは後日書くつもり。

 

さて、次は食べ物編。食べ物はほぼ人にあげる予定。コンビニで買ったものは食べようと思って買ったけど、食べる時間がなかったので、持って帰ってきてしまった物。

f:id:Hi_nekosan:20171215122658j:plain

左上から右へ。

明洞ダイソーで買ったラーメン鍋、3000w

辛ラーメン 5個4000w マスクショップで

チャムッケラーメン 1個1000wくらい?コンビニで

ゴディバのパール缶 2箱&4缶 1缶500円前後だったかな?免税店で

あとなぜかどこかに隠れているけど、ゴディバのビスキュイも買った 会社用

チョコは仕事の関係者へ、ばらまき用である。

ミシェルクルイゼルのアーモンドチョコ 1箱10000wくらい?免税店で 会社用

ポカチップ コンビニで

ピーコックのアワビ粥 2000w前後?新世界百貨店で

ダシダ 魚介と牛のスティックタイプ 1袋2700wくらいだった 新世界百貨店で

チョコバー 1本1000w コンビニで

紅參 土俗村の残り。母にあげる。

海苔 小分け海苔1パック 16000w 新世界百貨店で

↑この海苔、よくある油と塩の韓国海苔だと思ったら、日本的なまっさら海苔だった!もっと韓国海苔らしいのが買いたかったのだが、間違えて買ってしまった。でも、海苔自体は高級品らしいので美味しい。

韓国海苔 大きい普通の韓国海苔 1パック20000w 新世界百貨店

MarketOのチョコレートパレット 1箱 2000w前後だったかな?マスクショップで

 

さて次は、衣類。

f:id:Hi_nekosan:20171215122331j:plain

上段、南大門で買った裏起毛パンツ 1本10000w

下段、仁寺洞で買ったうさぎ靴下1足1000w姪へのお土産、

ダイソーのヘアバンド2000w

三清洞で買ったストール34000w

 

1日目でも出したけど、東大門で買ったアクセサリー類

f:id:Hi_nekosan:20171215122350j:plain

 

今回シャネルでは、出国記念で毎度ヴェルニネイルの代わりにアイシャドウを買った。

アイシャドウに関しては、今までずっと上司たちからの海外出張のお土産の、過去の産物たちを使って生き延びていたのだ。ディオールとか、ランコムとか、飛行機の中で売っているようなあれ(上司たちが、帰りの飛行機の中で「やっべー、あいつの土産忘れた!と慌てて買っている模様ww」)。自分では買わないのだが、色が豊富なパレットなどは、「絶対こんな色、使わねー」と思う色があっても、歳と共に似合う色が変わってくるので、意外と使い勝手が良いのだと気が付いた。

そして、やっぱり頂き物の高級品は、粒子が違う!!発色が全然違うのだ!

最近、最後のお土産在庫が底を尽きてしまったので、勇気を出して、自分で買ってみることにした。BBAの場合、ガッツリメイクをするわけでもないので、1年、2年、平気で持つ。まあ2年と考えれば安いもんだ。

 

シャネルのレキャトルオンブル228(たぶん)

これがいいのは、発色や質はもちろんだけど、4色の配置や塗り方を上手に使い、シーン別4パターンに塗り方の指導が説明書にあることが嬉しい(右側の紙 私は必要なところだけ破いてしまった)。

この指導の通り、自分でも塗ってみると、かなり違うのに驚く。

メイクってすげー!! 

(というか、今さらだけど、最近シャネルの凄さに驚いたのだ。これは後日。)

f:id:Hi_nekosan:20171215122412j:plain

妹もメイク道具が欲しいと言っていたので、もう1つ(226だったかな)はあげる予定。

以上が、韓国旅行で買ったものである。

目的がないのに、こんなに買っちゃったって、どんだけつられているんだろうか。

ほんっと、呆れてしまう。

 

 

~ソウル4日目と総括、参っちゃうね、仁川は~

 

 

 

 

4日目。最終日。

 

朝9時前に起床。

ぱっぱと身支度をして軽く朝ご飯を食べる。

 

今回は、ホテルの送迎バスでソウル駅まで行き、ソウル駅で出国手続きをして、Arexで仁川まで行く予定。

 

9時50分くらいにチェックアウト。

1階の送迎バスの待合場所で待機をする。

 

このスカイパークの送迎バスですが、チェックインをした日に、帰りのソウル行の予約をしなくてはいけない。思いのほか、大勢が利用するので早く予約をしておかないと埋まってしまうのだ。実際に乗れなかった方がいらしたので。

送迎バスは、明洞などにも行くことができるので、滞在中も利用するのがお得かもしれない。だけど、事前予約が必要なので、利用したい方は、ぜひ事前予約を。

 

時間ぴったりに小型のマイクロバスが現れる。受付のオジサンが行先と荷物をチェックして、バスに乗る。

途中、ソウル内のスカイパークを経由して、ソウル駅に到着。ちゃんとArex乗り場のところで乗り付けていただけるので有難い。

 

そこから空港のチェックインカウンターまで下りて、チェックイン手続きをする。

カウンターへ行くと、チケットは持っているかと聞かれる。

チェックイン手続きをする前に、先にArexのチケットを買わないといけないらしい。

じゃあ買うよ、と、Arexのチケットを買って、もう一度チェックインをお願いする。

今度はすんなりできた。

隣りの出国審査の部屋で審査を受けて(15秒程で済んだ)、荷物チェック(約10分)が終わるまで座って待つ。10分過ぎても呼ばれなかったので、Arexに乗って仁川へ向かう。

仁川を利用するなら、やっぱりソウル駅やCOEXの事前チェックインは必須だと思われる。時間が全然かからないので、やっぱりいいと思う。

 

仁川空港につくと、友人が「空港のあのお店で食べたい!」というので、店を探す。

そのお店は、「平壌(ボンピヤン)」。

高級焼肉店の「ピョクチェ(碧帝)カルビ」のサブブランドらしいけど、ここの平壌冷麺は一番美味しいと言われているのだよね。

本店は、江南にあるのだが、この支店が仁川空港にもあったのだわ。

そう。「あったのだ」わ。

ktxの降り口すぐあたりにあったはずなのに、全然見つからない!

掲示板を見ても、見当たらない。もちろん、掲示板にも「ボンピヤン」の表示はあるのよ。

うろうろうろうろ、探すこと20分ほど、しびれを切らした友人が、警備の警察官の若者に英語で尋ねると、「ないない。」と言われた。

これは、インフォメーションで聞かないと分からないということで、聞いてみたら、

「オプソジョッソヨ。(なくなっちゃいました)」と言われた!!!

そう。閉店しちゃったのです。涙

 

でもさー、空港の掲示板にもまだ残っているって、まずくない?!

日本だったらありえないだろ。でも、ここは日本じゃないからねえwww……。

とりあえず、閉店のシールでも貼っておくとか、消しておくとか、できないもんかねえ!

帰国後、コネストで調べたら、2月に閉店情報が更新されていた。くうーー。

コネスト大事!行きたい店は、とりあえず、休業日やお休み時間を調べておくことが大事!

 

打ちのめされた私たちは、とりあえず、出国ゲートをするっと抜けて(ソウル駅でチェックインしたので、一切並ばずに通り抜けられた。仁川を使うなら、絶賛おすすめしたい)

 

搭乗フロアに入り、ロッテ免税店の引き取りをして(ここでは20人待ちくらいだった)、フロア内のフードコートで昼食を食べる。

久しぶりに洋物が食べたくなったね、ということでハンバーガーを食らう。

バンズもパテもふわふわでジューシーだった。ご馳走さまでした。

 

結局、10時にホテルを出て、15時の便に乗るまで5時間、

もっと遊ぶ時間があると思ったのに、全く余裕がなかった。

 

飛行機から富士山が見えた。ああ日本に帰ってきたんだなあ。

f:id:Hi_nekosan:20171214173418j:plain

時間通り、18時着、無事に成田へ到着。荷物もすぐ出てきた。さすが、成田さん。

 

今回のソウルは、仁川空港に泣かされた

仁川空港は、危険だわ。無駄にデカすぎて、歩かされる距離が半端ない。そして待たされる時間、半端ない。

この日、移動しかしなかったのに、1万歩を超していた。

 

次回からは、羽田ー金浦で行こうと思う。

 事前チェックインは、江南のコエックスでしかできないので、それはホテル次第だろうか。。。

 

そして、もう1点!!!大事なことが!

アルプス天然水の恩恵を受けている日本在住のみなさんへ。

ソウルの水は、やばい。

1度シャワーを浴びるだけでも、身体中がしわっしわ、がさっがさになる!!

風呂上り、自分の手を見て驚愕した。

指先に亀裂が入っとる!!水分奪われとるがな!!

水の硬度が高すぎるのだ。

 

それに加え、この日に見た韓国のニュースでも放送されていたのだけど、今年は特に韓国は降水量が少なく、各貯水池が干上がってしまっているらしい。

だから、水道水の供給量も足りていないようだ。

ということは、水に再生処理を施しているってことで。

故に、日本以上に(日本も塩素多いけど)、しっかり消毒的なことをしていると思われ。

でもさ、10分、15分水に浸かっているだけで、これって、結構やばくないか?!!

と、友人と二人、驚愕した。

だから、保湿用のオイルやクリームは必須。現地で調達してもいいかもしれないけど。

韓国の人が美容に力を入れて、美しく保っていられるのは、こういった肌に対する厳しい自然環境があるからかもしれない。それに対する対応力も向上するわけだわ。

 

あれ?もしかして、私がBBAだから、しわしわになっちゃったのかもしれない?!

まあ、それはソウルへ行って、直接確かめてみていただければ、分かります。

 

とりあえず、4日間の行動はこのくらい。

今回だけ、気を付けていただきたい箇所だけ2色使いをしてみた。

次は、買った物の記録。

~ソウル3日目、犬は喜び、BBAは凍える~

 

ソウル3日目。

「やだ!雪だよ!!」

昨日、疲労で早くから寝入っていた友人がひと足先に目覚めて叫んだ。

 

雪……。

起きたら雪……。

なんだか、デジャブ?!

そうか、札幌と同じ景色だわ(笑)

 

雪を見てしまったからか、寒い。

本日も歩いての散策を計画していたので、雪の中を歩くのは難儀かもしれない。

 

とりあえず、朝食は参鶏湯、と決めているので、

オープンの10時を目指して支度を整える。

ホッカイロを腰や、脚の裏に張り付け準備万端。

 

雪が降る中、傘を差してミリオレ前のタクシー乗り場からタクシーで向かう。

(ホテルで呼んでもらおうと思ったら、「ミリオレ前に行った方が早く捕まるよ」と言われたww。実際すぐ拾えたのでミリオレ前はおススメかもです)

 

着きました。いつものここ。土俗村。

f:id:Hi_nekosan:20171214134508j:plain

10時台は空いているね。誰も並んでいなかった。

席に案内されるとすぐ、参鶏湯を注文する。

先日のタッカンマリもそうだけど、ここでも純粋な韓国人じゃないだろうなと思われる(ハーフ?)、中華系、タイ系の従業員の方でいっぱいだった。それだけ、中国やタイからの観光客が多いということなのかしらね。

待つこと10分くらいかな。来ましたいつもの参鶏湯~♪

f:id:Hi_nekosan:20171214134846j:plain

オプションで紅參(たしか、6000w)を足したので、瓶の半分くらいをドバッとかける。

f:id:Hi_nekosan:20171214141144j:plain

骨を取り除きながら、朝からガツガツいただきます。

いつ食べても、旨い。鶏肉ってなんでこんなに美味しいのでしょう。

鶏ともち米の他には、松の実、ナツメ、高麗人参、栗なども入っている。どれもホクホクしておいひい。

ぷぃ~っ。ほぼ完食して、店を出る。ご馳走様でした。

 

店を出たら、既に雪が止んでいた!やったね。

そして、土俗村、目の前のお店へ移動。

f:id:Hi_nekosan:20171214141501j:plain

MIRABEAU

ここのチョコレート、めっちゃ美味しいのです。

f:id:Hi_nekosan:20171214141754j:plain

珈琲と、チョコレート。二人ともアメリカーノ。チョコは、私はモカ味、友人はアールグレイ

ここの珈琲、豆がいいのかな?コクがあるのにエグ味がなくて、ほんとに美味しいの。

 

珈琲を片手に、景福宮を通り越して、三清洞まで歩く。

いつもの洋服屋さんで物色するが、今回は特に「わあっ」と上がるものもなく。

でも記念にと、カッコいい目なストールを1枚購入した。

そこからまたぐるぐると散歩をするが、脚にダメージを受けている友人が「そろそろもう座りたい」と言い出すので、大通りから1本入ったあたりのカフェでお茶をすることに。

しばらく珈琲を飲んでゆっくりして、また歩く。

朝ご飯との時間が狭いけど、早めのお昼に。

 

友人が大好きだという、モッシドンナ三清洞本店。

モッシドンナ、何年振りでしょう。

チーズトッポキと、野菜トッポキとラーメンをトッピング。

これで、10000w。やすっ。

f:id:Hi_nekosan:20171214142456j:plain

周りを見回すと、小中学生らしい子供たちがテーブルを囲んで食べている姿がちらほら。日本でいう、駄菓子屋さんと同じような場所なのかもしれない。

 

さて、ここから仁寺洞へ歩いて向かう。

サムジキルの中をうろうろして、友人は可愛いイラストの入った手鏡を買っていた。昔は外国のパクリ物も多く見られたけど、最近は韓国独自のイラストやキャラクターが立っていて、センスも良くなっていて、素敵だと思う。どのお店も若い子たちで賑わっている。私はハヌルホスでみんながエラい絶賛するリップクリームをお土産用に購入した。7千wだったかな。ロッテ免税店だと5ドルなんだけどね。

 

サムジキルを出て3、4軒先に、前回買い損ねた韓方石鹸屋さんの「古誾斎」がある。

そこで自分用とお土産用に石鹸を買った。やはりここの石鹸は好きだわ。

 

そこからまた歩いて、鐘閣あたりでタクシーを捕まえようとしたのだが、全く空車が見つからず。鐘閣3街駅まで歩いて、地下鉄で帰ることにした。

ホテルに戻り、夕寝をする。

友人が「もう一度、マスクショップとあのアクセサリー屋に行きたい」

というので、東大門へもう一度出向く。

マスクショップでまたシートマスクの買い足しをして、nyunyuでも買い足しをする。

私は色違いで妹の分なども買い足した。

 

少しだけ小腹が空いてきたので東大門にあるソルロンタン屋さん「ヌティナム」でソルロンタン9000wを食べる。

f:id:Hi_nekosan:20171214144403j:plain

カクテキとキムチは自分で好きなだけ取って、チョキチョキ切て食べられる。

カクテキが美味しかった。ソルロンタンは、牛の旨味が凝縮されていて美味しかった。ゴクゴク飲んでしまえる。お肉もたくさん入っていて嬉しい。

 

ここから、ミリオレ14階にあるマッサージ屋さんで、全身マッサージを受けに行く。

今回の旅は、歩くことが多いだろうと予測が付いていたので、最終日は絶対にマッサージで身体をほぐさねばならん!と3日前くらいに日本から予約を入れていた。(店名は、クイック皮膚&ボディヒーリングセンター)

VIPPコースが現金なら半額で60000wだというので、それを申し込んでみた。

お店に着くと、Tシャツと短パンという着替えを渡され、ロッカーで着替える。

フットバスにしばらく浸かり、マッサージはうつ伏せから始まる。

結構強めにぐいぐいと解されていく。仰向けになってからも、身体中凝り固まった個所をゴリゴリと解される。痛い!が、気持ちがいい。

全身マッサージが終わると、今度は脚の角質取りをして、パラフィンパック。

パラフィンパックは凄く熱いのかと思ったけど、やや熱いかな?くらいだったので気持ちが良かった。

パラフィンを剥がした後は、すべすべになっていた。

これでトータル90分。まあ6千円くらいなら妥当なのかな。

着替え終わったらすかさず社長さんに栄養ドリンクを渡され、半ば強制的に飲まされて、お会計をして、おしまい。

私たちが施術されていたときは他には誰もお客さんがいなくて、大丈夫かな?と心配になったが、終わった頃には女性二人組、男女ペアが1組待っていたので、やっぱり人気があるようで良かったなと安心した。

 

ホテルに戻り、お風呂に入って、パッキングをして1時に就寝。

明日はもう、帰るのみ。

 

~ソウル2日目、市場はつらいよ、女子にはね~

 

ソウル2日目。

 

BBAが東大門に泊まった理由。

それは、広蔵市場が近いから。

歩いて行けるのが楽だからであーる。

 

今回も、広蔵市場内の「チャメチプ」へ、ユッケ丼を食べに行く。

へい。頼むと5分後くらいに来ました。ユッケ丼!6000w

f:id:Hi_nekosan:20171213154357j:plain

そして、前回はケチって頼まなかった、生タコ(15000w)も頼む!

f:id:Hi_nekosan:20171213154606j:plain

きゃー、タコがうにょうにょ動いている!舌に吸い付く!踊り食いなり!

(踊っている動画を撮ったのだけど、、、重すぎて送れなかったorz)

でも、とっても新鮮で美味しい。サムギョプサル同様、にんにく、味噌、ごま油と塩が付いてきた。ごま油と合うね~。おいしい。

半分はユッケ丼として食べて、残りはタコも混ぜて、ユッケ&タコ丼として食べた。美味しい!

ぜひ15000wだからとケチらずに、食べてみてほしい。二人で行けば、一人13500wだし。こんな新鮮なタコ、この値段で日本で食べることは不可能なので。

 

そして、広蔵市場をふらふらと見学。ピンデもキンパもお粥も、どれも美味しそうな食べ物ばかり。

ひとしきり、ぐるぐる回ってホテルへ戻ろうとすると、

マリオットホテル手前の八百屋で、超絶立派なイチゴを発見!

なんと、1パック、5000w!

言っておきますが、これ、2段構えなんです!

一粒が超デカくて、しかも甘~くて、しゃっきしゃきなのです!

日本だと白イチゴに相当するくらい一粒いくらのクォリティだと思う。

f:id:Hi_nekosan:20171213155559j:plain

実は、前日にホテルの近くのジュース屋で中くらいの苺を1パック7000wで買っていた。こちらも長方形の箱に2段でびっしりと詰まっていた。味は酸味があってさっぱりとしていて、韓国の苺の質の高さに恐れ入っていたのだが、それを優に超しちまったよ。

ちなみに、チェジュ島ミカンも1袋5000wで買った。ビタミン大事ですからね。

果物をホテルに置いてからお出かけしようかと、ホテルに戻る。

このホテルの1階(現代百貨店アウトレットシティ)には、2軒オサレなカフェが入っている。

友人と私、二人とも大の珈琲好きなんで、無条件にカフェに入る。

入ったのは正面から左側にあるカフェ「La eskimo」。本店はカロスキルにあるようだ。

朝ご飯後という時間のためか、私たち以外、お客はいない。

インテリアがおしゃれ。

左奥で、ケーキやパンを作っているようだ。

f:id:Hi_nekosan:20171213160642j:plain

 

f:id:Hi_nekosan:20171213160658j:plain

頼んだものがやってきた。

友人は、アイスアメリカーノで、私はホットアメリカーノ

アイスアメリカーノのもこもこは、珈琲を凍らせて、ムース状に撹拌している。ミルクが入っているわけでも、アイスなわけでもない。

f:id:Hi_nekosan:20171213160759j:plain

カップをくるっと回すと。

きゃー。可愛い。かわゆす。

エスキモーだから、ペンギン!センスあるなあ。

f:id:Hi_nekosan:20171213160953j:plain

 

ホテルに戻り、果物を冷蔵庫にしまい、外に出る。

東大門歴史文化公園駅から地下鉄4号線で会賢駅まで行く。

 

なんと、初渡韓から10年以上経つのだが、初めての南大門市場である!

 f:id:Hi_nekosan:20171213162549j:plain

 市場で、ラーメン鍋をただ買ってみたい、というだけなのだが(笑)

 

絶対、ここの店のこれを買う!という欲望がなかったので、今回は南大門市場の地図は持っていかなかった。

これがいけなかった。

全然方向も、エリア内容も分からないので、同じ場所をぐるぐると回ってしまったり、無駄に歩くことが多かった。

ただ、無駄に歩いてよかったのは、

今回のソウル旅で一番レートが高い両替所を見つけたこと。珈琲屋の近くの料金所みたいな小屋の両替所が0.965と一番良かった。近くにお立ち寄りの方は、ここで数万円両替するといいです。

あとは、迷い込んだビルの3階の花屋フロアもキレイだった。

無造作に横置きされた花たちがずらーーーーっと続いているのは見物。

f:id:Hi_nekosan:20171213162937j:plain

あとは、友人が所望していた、裏起毛のパンツを路面のパジャマ屋さんで発見できたことww。

表は化繊でシックな柄だったり、おばちゃん柄だったりするのだが、中が裏起毛となっていてフカフカで温かい。そして、裾がつぼまっているので(昔懐かしの男子の細見のボンタン!)外気が裾から入り込まなくて快適なんだそうだ。私もつられて、母の分と自分の分と2本買った。1本10000w。

 

更に、通りかかるパン屋も面白い。

f:id:Hi_nekosan:20171213163613j:plain

なんと、スイカの食パン!!可愛いったらない。

f:id:Hi_nekosan:20171213163648j:plain

こういった、韓国の人の、一般常識を超越した自由な発想って凄いと思う。

 

肝心のラーメン鍋は、ここで買わなくても、後で行く明洞ダイソーで買うことができるから、荷物になるからやめておけと忠告を受けて買わなかった。

 

この後、歩いて明洞へ。

友人がダイソーへ行きたいというので、ダイソーを8階から1階までじっくり見物する。ここで無事にラーメン鍋3000wで手に入れる(笑)。

 

そろそろお腹が空いてきたので(遅いお昼)、

神仙ソルロンタンを食べてから、夜、祭基洞の豚焼肉に行くか、

明洞でサムギョプサルを食べて、夜にソルロンタンにするか、

の2択として相談し、後者を取ることに。

最近、明洞にも「火砲食堂ファボシクタン」が出来たと聞いていたので、ファボシクタンでサムギョプサルを食べようと向かう。

が!!!なんと、ランチが終わって、ブレイクタイム中!閉まっておる!

ガーン、、、と二人で落ち込み。どうしようかとまた相談。

 

と、ここで同行していた友人が、

「あ、脚が、もう脚が限界。。。とにかく座りたいよぉー(涙)」と悲痛を訴えだした。

こちらはまったく脚も身体もなんともなかったので、一瞬驚いた。

登山で鍛えられたお蔭で、知らぬうちにBBAは、強靭な脚力を身に付けてしまったようだ。

考えてみたら、南大門から明洞まで、一度も座っていないのだものね。

そりゃあ、疲れるし、脚が痛くなるわ。普通の女子は。

BBAが男子だったら、即行振られている態である。すこぶる反省をする。

 

じゃあ、お互い食べてみたいといっていたチメ(チキン&メクチュ)はどうかということで、チキン通りに行き、チョンジヒョンが広告塔のbhcへ入ることに。

ヤンニョンチキンとフライドポテトのハーフサイズのセットを注文。

サラダと、大根の酢漬けもついてくる。

f:id:Hi_nekosan:20171213165245j:plain

ヤンニョンチキンは美味しい。ポテトも、歌広ポテトのように細くてスパイシーな味がして美味しい。

お腹も満たされ、脚も一旦落ち着いたようなので(友人が)、タクシーを拾ってホテルへ戻る。

 

ホテルに戻るとまた、1階のカフェに立ち寄る。

今度は右側のカフェへ。

f:id:Hi_nekosan:20171213165629j:plainこの写真はコネストより拝借

デンマークのカフェ「JOE&THE JUICE」。日本にはまだ上陸していないようだよ。

f:id:Hi_nekosan:20171213165732j:plain

f:id:Hi_nekosan:20171213165746j:plain

ジュースの他、もちろんカフェ類もある。

私は苺ベースのミックスジュースIRON MANをオーダー。友人はアメリカーノ。値段はこれで6500wだった。日本のクレンズジュース屋に比べたら、2割くらい安いんじゃないか。日本だと1本1000円前後なんで。

ジュースはもちろん、美味しかった。

 

ホテルに戻り、しばらく休憩をして、夕飯に東大門にあるソルロンタンを食べに行こうとするが、なんとー、24時間営業の店にも関わらず、市場に合わせて、土曜日の夜8時まではお休みー><わーん。

友人の疲れ具合も半端ないので、なるべく近所で美味しいお店を探す。

日本語は通じないお店だけど、美味しいと言われているチゲの店に行ってみる。キムサンボ。

www.konest.com

チゲが有名だけど、サムギョプサルも美味しいらしいので、私たちは生サムギョプサル2人前を注文。

大半の人がチゲを頼むので、フライングでサムギョプサルを注文した私たちに、店のアジュマに(めんどくせー)という表情が浮かぶ。でもここは耐えて無視(笑)。

面倒くさいといえど、韓国のアジュンマは働き者なので、手際良くちゃっちゃとセッティングしていく。

f:id:Hi_nekosan:20171213171656j:plain

なんと、生ガキまで付いてきた。ちょっと生では怖いので焼いて食べた。

f:id:Hi_nekosan:20171213171712j:plain

f:id:Hi_nekosan:20171213171747j:plain

テンジャンチゲも付いてきた。

f:id:Hi_nekosan:20171213171818j:plain

この後、アジュンマに「肉を自分でひっくり返せ!」と指示されて、自分たちの食べたい焼き加減まで焼いたら、アジュンマが再び現れ、はさみとトングを器用に使いちょきちょき肉を切りだした。「さあ、早く食えっ」と、山盛りになった肉の山を差したので、慌てて食べ始める。食べるのに忙しくてこれ以降の写真はないの(笑)。

ごま油を付けて、野菜に巻いてキレイに全部いただきました!

ごちそーさま!味は、普通に美味しかったかな。豚は普通かもしれないけど、焼きキムチと、バンチャの大根キムチがエライ美味かった。あと、鉄板で焼いた牡蠣がかなり、美味だった。

 

そして、ホテルに戻る。

もうクリスマスなんだなあ。ツリーが綺麗だわ。

f:id:Hi_nekosan:20171213172207j:plain

 

現代アウトレットの地下は、フードコートになっているというので、どんなものが食べられるのか、売っているのか眺めて、部屋に戻った。

ホテルの部屋へは、現代アウトレットの中を通過しても、ホテルへの通用口があるので、そちらの方が外を歩く距離が短くて便利。

 

部屋に戻って、風呂に入って就寝。

友人は「明日、歩けなくなっていたらどうしよう」と嘆いていた。

そうなの。。。

実は、この日、30000歩も歩かせてしまっていたのでした。

30000歩って、20キロ以上でしょ。高尾山から景信山の縦走くらいの距離なんで、慣れていない人には拷問だったと思う。

申し訳ないことをしたと反省しつつ、爆睡。

 

~ソウル1日目の2、やるでないか、東大門~

タッカンマリを食べた後は、東大門へお買いもの。

東大門は、現金主義なので、両替所でウォンに両替をする。

レートは、100wが95.6円くらいだった。

今回は特に買いたいものがないので、友達に付き合ってふらふらすることにした。友人はシートマスクばかりを売っているというマスクショップへ行ってみたいのだそうだ。

 

金曜日の午後10時、東大門は業者がわらわらと群がり活気ある街へと変わっていく。どこもかしこも人でいっぱい。

平和市場、マックスタイルの服をさーーっと見て、U:USの前に来ると、1Fにあるアクセサリー屋さん(THE BANZI)が何気に若い娘でいっぱいとなっている。

気になるので入ってみると、可愛いアクセサリーがたくさん並んでいる。しかも安い。だいたいの値段が4000w~12000w前後。

何も買わないつもりでいたのだが、ピアスを2つ手に取ってしまった。先にお会計をしている友人が「〇〇!!、来て!5個以上なら半額だっていうから一緒に買おう」と呼ばれる。

なんとー、この値段から半額だというではないの!卸しなので、アクセサリーは5個以上じゃないと安くならないらしい。一つ、6000wと12000wのピアスなので、合計9000w(約900円)で2つも買えてしまった(笑)。

 

U:USを出て、マスクショップ方面へと進むと、apMLuxeの向かいに、またしても若い娘たちがぎっちぎちに詰め込まれているお店を発見。(どうやら若い娘に弱いらしい。心がオジサンになっている。)

入ってみると、先ほどのお店よりも更にスタイリッシュでクールなアクセサリーショップである。

名前はnyunyu。

こちらも、5個以上から売ってくれるというので、籠にもりもり盛って買い物をしてしまった。

しかし、安い!ここも値段は、3000w~15000wが主体。そして、そういう値段に見えないところが凄いのだ。もちろん、材質は18Kでもプラチナでもないが、デザインがシンプルで良く、なんとなく高そうに見えてしまう。1年で使い捨てると思えばなんてことない。

 

予想外な買い物をして、やっとお目当てのマスクショップへ辿り着く。マスクショップは、1Fがシートマスクを中心とした化粧品、2Fがお菓子や日用品が売られている。

恐らく、期限が近くなっているからかもしれないが、どの店よりも激安で売られている。

f:id:Hi_nekosan:20171213145104j:plain

BBAは、ドクターコスメ系のシートマスク4箱とソン・ジュンギマスクをバラで買った。ソン・ジュンギマスクは、なんと1枚400w(約40円)で売られていた。(他にもキム・ウビンマスクも1枚400wだったよ)だいたい、マスクは定価の半額くらいで売られているよう。

ちなみに、左下のラインちゃんたちは、イラスト入りの普通のマスク。甥と姪のお土産にする。

 

このマスクショップ、レジに恰幅が良く、日馬富士のような容貌のオッサンが立っていたのだが、接客がスーパー!!無愛想で、カゴから商品を出す際にも、商品を投げつけ、えらい音を立てて乱暴に清算しやがるのだ。

いくら安いからって、そんな扱いしなくてもいいじゃん!と言いたくなる。でも怖いから言わない(笑)リモコンで殴られるのも嫌だし(笑)

(3日目にまた行ってみたら、今度はとても紳士的でソフトな男性店員だった。日馬富士には気をつけてほしい。)

 

マスクショップを出て、ちょっと進んでみると、

またしても娘だらけで混み合っているお店が!

外から見たところ、アクセサリーのワゴンにセールのおばちゃんよろしく、若い娘たち取り合いをしている画が見える。この店が一番異様に混んでいた。

私たちBBAは、もうこの戦闘に加わる気力はなく(既にAM1時過ぎ)、中には入らずホテルに戻ってしまった。

 

後でネットで調べても出てこなかったので、結局どんなものを売っているのかは分からず仕舞。

お店の正面。FASHION JEWELY1990とある。

(こちらも3日目の昼間の閉店中に通りかかり写真だけ。)

f:id:Hi_nekosan:20171213150455j:plain

 

今回うろうろした地図を添付する。

f:id:Hi_nekosan:20171213150736j:plain

謎の1990は、マスクショップの下あたり。

左下のヌティナムは3日目に行くところ。

 

そして、今回(と3日目にも)購入したピアスは、こちら。

f:id:Hi_nekosan:20171213150856j:plain

これに、ネックレスも1本加えて、トータル1万円切っている!!えらく安くないか?!そして普通に可愛い、ところがまたごいすー。

半分は自分で使用して、半分は妹たちのお土産にしたい。

 

そんなこんなで、ホテルに戻りお風呂に入って就寝したのがAM3時。おやすみなさいまし。

 

 

BBA、ソウル行ってきたってよ。~1日目の1、衝撃の仁川空港~

 

このブログは、基本80%は、痴呆気味の自分のための記録。

平凡な中年女性の日常なんて、クソつまらんのが常である故、内容もクソつまらんものであり、文章のクオリティ然り、人様には本来お見せできないレベルのものだ。見せようとして書いていないので、推敲も校閲もせずに、尚酷い。

 

じゃあ、なぜ公開しているのか??

それは、むやみに人の悪口や愚痴などを吐かせないための抑止力。正直、私は人の愚痴を聞くのも見るのも好きではないので、自分がされて嫌なことは、他人にもしないようにしている。そして、誰が見ているか分からんという緊張感を持ちながら書くことが、最低限大人のマナーとしてあるべきではないかと思うので、そうしている。 

加えて、韓国や、山、ドラマについては、情報提供の一種として、多少は役に立てればいいかな(誰かが見るかもしれないな)と思いながら書いている(つもり)。

以前、自分が調べるのにとても苦労した経験から、こんな情報が載っていたら良かったのになあという想いも込めて。

 

 

さあさあ、本題に移りやす。

 

先週の金曜日から、3泊4日で、ソウルへ行ってきた。

朝10時に成田に到着後、チェックイン前に、お茶漬け屋「えん」で朝ご飯。

鯛茶漬。930円。

f:id:Hi_nekosan:20171213122647j:plain

ふぅー。美味しかった。

 

今回の飛行機は、アシアナ便。13時10分発。

そして久々の、ジャンボジェットでござる。2階建て。

ジャンボのいいところは、エコノミーでも広いこと。

そして、モニター付きなので、映画も見られること。「青年警察」を視聴。パク・ソジュン&カン・ハヌル。どちらも好きなので、気分チョッタ~。

f:id:Hi_nekosan:20171213123134j:plain

 

そして機内食は、こんな感じ。

プルコギご飯?とワッフル、黒ごま豆腐、お水。

お味はまあまあ、思ったより美味しかった。

f:id:Hi_nekosan:20171213123409j:plain

ソウルへ飛んでいきまする。

f:id:Hi_nekosan:20171213123353j:plain

 

この時、15時55分。

定刻通り、仁川空港へ着陸。

……、したのだが、乗り付ける搭乗コンコースが決まらないらしく、

30分くらい滑走路をうろうろした。ロス①である。

しかし、居心地の良い飛行機だった。次回もジャンボを狙って予約しようかな。

 

そして出国審査を終えて、荷物受取レーンへ行く。

到着便を、BaggageClaimの掲示板で探す。

しかしっ。

全っ然、中央の案内掲示板に搭乗していた便名が現れない!

さすが、世界一のハブ空港

到着便の数が異常に多く、全然、現れてこないのである。

だいぶ待ったであろうか。

それでも案内掲示板に現れてこないので、しびれを切らした友人が

「ちょっと見てくる」と、アシアナが出てきそうなレーンをうろうろしだす。

すると、頻繁に日本からの便が表示されていたレーンの上の掲示板を眺めていると、表示3行分で3便分の便名が表示されていたのが、点滅後、新たに3行3便が表示されていることに気付いた。目を凝らしていると、点滅後に、なんと、私たちの便名がパッと現れたのた。

なんてこと。なんと、6便分の荷物を同じレーンから出しているとな!!

時間差とはいえ、ビビンしすぎだろう。信じられん。

「あ、ここだね!」とそのレーンに駆け寄ると、丁度私たちのスーツケースが出てきたばかりであった。

もちろん、中央の案内掲示板にもまだ出ていない状態だった。

結局、荷物を取るまで1時間はかかったと思う。

ロス②である。

 

今回は、私たちは東大門のホテルを宿としているので、Arexでなく、KALの空港リムジンに乗ることに。

リムジンバスのチケットを買おうとして、窓口販売所を見るとけっこうな行列。自動販売機もあったので、そちらで買おうかと思って前の人たちを眺めていると、表示が全てハングル表記なので、さくさく買えないことに気づく。

私の韓国語読解能力(辞書も何も見ないで)は、小学生程度なので、小学生の子が初めて切符を買うようなものである。後ろに並びだした人たちを背に、時間をかけて買う勇気はなく、諦めて窓口へ並び直した。ロス③である。

窓口では、さくっとすんなり買えた。KAL6702、2枚、東大門行き、と言えばいいだけなんで。一人、16000w

そして、快適なKALリムジンに乗る。

 

乗ったはいいのだが、この日は金曜日の夕方。

そうなのさ。

通勤ラッシュの交通渋滞に巻き込まれてしまったのである。

のろのろと橋を渡り、漢江を渡り、東大門デザインセンターに着いたのが、な、な、なんと20時であります!

空港に着いたのが16時なので、東大門まで来るのに4時間もかかってしまった。

大ロス④である。

今後仁川使うのは、ちょっと考えた方がいいのかもしれない。

 

今回泊まるのは、スカイパークキングスタウン東大門。

B2~13Fまでは、現代百貨店のアウトレットが入っている。フロントは、14F。ミリオレの角を曲がって、建物の裏側に回って入るのが早い。

 

www.konest.com

ちゃっちゃとチェックインして荷物を置く。

部屋は、19階のプリンセスフロア、というフロアだった。

別に望んでいなかったのだけど、ピンクで統一された女性向けのお部屋。

レジデンスタイプで、バスタブと洗面台、シャワーとトイレが別れている。広くていい。

f:id:Hi_nekosan:20171213134616j:plain

↑↓上下2枚、コネスト画像よりお借りした。私の部屋はトイレとバスタブの位置が左右逆だった。

部屋から入ると、右手にバス、左側が3間分のクローゼット。そして金庫。

レジデンスタイプなので、電子レンジ、水栓、冷蔵庫、ダイニングテーブル、電気ポットが常設。ダイニングテーブル向かいの壁には大型壁掛けテレビが。

f:id:Hi_nekosan:20171213134748j:plain

プリンセスなので、ベッドルーム上が、こんな装飾www。

f:id:Hi_nekosan:20171213134102j:plain

ベッドルームにも、テレビ。

f:id:Hi_nekosan:20171213134121j:plain

ホテルの乾燥がひどいので、フロントから加湿器を借りた。 

f:id:Hi_nekosan:20171213134135j:plain

 

さて、夕ご飯にいたしますよ。

出かけたのは、いつもの食堂!タッカンマリや~!

www.konest.com

二人前26000w

ぐつぐつしとります!

f:id:Hi_nekosan:20171213135714j:plain

観光客が増加したせいなのか、従業員の人が、中華系、タイ系の韓国人の人がほとんど。みんな流暢な韓国語を話しているので、現地の人たちなのだろう。でも一体自分がどんな国に来たのか分からなくなる。

今までは、アジュンマが最初のタレを(勝手に)作ってくれていたのだが、今回はセルフで。キャベツとニラの入った小皿に、オリジナルの醤油ベースのタレと、マスタードコチュジャンを入れて好みの味に仕立てる。BBAはマスタードを多め、酸味が効いているのがさっぱりしていて好み。

今回も奥から野菜を勝手にお代わりして(できますので野菜好きな方は、やってみてください)、鶏と共にモリモリ食べる。

ひゃーー。何度食べても、美味しい~。

最後のコラーゲンたっぷりのスープまでしっかりいただきやした。ご馳走さまでした。

 

長くなりすぎたので、2へ続く。

 

 

 

クライマックスは、ここ。(アニメの話)

 

先週からソウルへ行っていたのだが、旅の話は落ち着いて、記憶を取り戻してからゆっくり書くつもりっす……。

 

帰国して面倒くさいのが、パッキングを解く作業。所謂荷物整理。

そして、1日中洗濯機を回して、掃除をしながらHDDに録り溜めていたドラマやアニメを見ては、せっせとHDD内も削除(掃除)している。

 

NHKで漫画『三月のライオン』のアニメの第2シリーズが始まったのだが、

私が楽しみにしているのが、最後の最後のエンドカード

羽海野チカさん以外の漫画家さんたちが、作品にまつわるキャラクターをオマージュして、己の個性を活かして描いているショットが出るのだが。

それを見て、思わず吹き出してしまったわよ!!

 

先々週の、西原のイラスト!

f:id:Hi_nekosan:20171212160043j:plain

こ、これ。ひなた、もも、零、あかりなんだけどっ。

激しく酷過ぎる(笑)

あかりにぶっ刺されている零くんが可愛い。もうただのメガネおじさんだし。

しかも、零が持っているの、将棋の駒じゃなくて、牌だしっ!!!

猫もブサイクすぎる。

作家によっては、こんなに解釈違うんかい!と思い切り笑わせてもらった。

 

そして先週は、魔夜峰央

f:id:Hi_nekosan:20171212160713j:plain

やーん。二階堂が、パタリロみたい!可愛い~。王将の王の字の上に、うっすら「国」とあり、「国王」と読ませている。パタリロだ!どうせなら、クックロビン音頭をしているショットがほしかった。(BBAは小学生の頃からパタリロを愛読しているので大好きなのだす。)

 

アニメも面白いのだが、この最後のエンドカードだけでも見る価値があると思う。

旅を終えて、へとへとになっていたのだが、一瞬疲れを忘れさせてもらえた。