読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

週末記。

 

土曜日。

自業自得なことを更に起こす。

ずいぶん前にリクエストしていた図書(100人~500人待ちなので、リクエストしたことも忘れている)があるのだが、一気に3冊の貸出し連絡がきてしまった。しかも、すべてが投資本。

(実は私の趣味の1つに「投資」もありまして。金の話は色気がないので書かないけど。)

これから小説や文学書を読まなきゃなんないのに、金の話ってなにさ?!!

まあ仕方ない。またしても自業自得。

本を取りに行ってから、同じ町内に住んでいる元同期と飲む。

彼女は二人の子持ちで、2年半ぶりに、先週社会復帰したばかり(の現在は国家公務員)。

育児も仕事も超多忙なのに、無理やり呼び出し、お子たちを旦那に預けさせ、復帰祝いということを言い訳に飲ませた。彼女とは、新卒の研修の頃から仲が良く(誕生日が1日違いってことで意気投合した)、私がこの街に越してきた理由のひとつは彼女が住んでいるから。老後も共同体作って楽しもうねと誓い合う。老人アパート作らないと。やっぱり金だわ。

 

日曜日。

珍しくテレビをつけず、ひたすら借りてきた図書を読む。

鎌倉投信・新井さんの『投資は「きれいごと」で成功する』とクルミドコーヒー・影山さんの『ゆっくり、いそげ』と、新井さん好きであればみなさんご存知の、法政大学・坂本教授の『日本でいちばん大切にしたい会社』の3冊。

投資というか、経営の健全な会社とは?、会社、社会の使命とは?、人間にとっての幸福とは?という経済で貨幣が循環していくほんとうの意味を再認識させられる書籍だった。

特に坂本教授の本を読みながら、だーだー涙が止まらなくなってしまった。投資の本で号泣するなんて?!とてもいい本なので、これから就職する学生に読んでほしい。これから社会へ出て行く若者に、とても役に立つ本だと思うから。

 

夜。本を読むのに飽きてきたので、「1988」の続きを見る。やっぱり、この作品はいい。誰のストーリーでも涙が出てしまう。ジョンフンのあの不器用さ!!もうちょっと、勇気を出して素直になれば!とおばさんは思ってしまう。そして、ジョンボンヒョンの海のような優しさ。なんて愛らしい!(笑)トクソンも、あの頃からもう好きだったんだなあと、冷静に注意して見ていると、表情や声のトーンの変化に気づく。何度見ても発見があっていいな。

ソヌとドンリョン役の俳優さんは、現在韓国で放送中のドラマ「シカゴタイプライター」「自己発光オフィス」でも活躍中。ドンリョンと一緒に、1977のホヤ君も出ているので、「わあ、応答せよコンビだぁ」と懐かしく、嬉しくなってしまった。

  

韓国の旅。 買い物篇

最後に旅でのお買い物などを。

 

今回はあんまり時間がなくて、じっくりお買い物ができなかった。

とりあえず、買ったものを列挙。

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143418j:plain

 

☆出発前に、ロッテ免税店のネットから事前で購入したもの。

・アヴェダのシャンプー1Lとコンディショナー250mlを2本。

ランコム CCクリーム 3本

ゴディバの缶入りチョコ PRALS 3缶1箱

リンツのチョコ 1箱

これだけで、総額3万円を優に超しているのだが、実際は2万円だった。

ロッテ免税店のネット利用の初回ポイントと、4月のポイントと、ロッテ免税店のVIPカードの割引適用がされているお蔭(恐らく、パスポート番号から紐付されているんだろう)で、総額で1万5千円くらい割引されていた。すごくないか?!

超、お得!!もう既にみなさん利用されていると思うけど、まだの方には、おすすめします!!

 

☆eマートで購入した、

フロムネイチャーのAGEの化粧水と、ミシャのシートパック。5+5で7500wだった。

 

このフロムネイチャーって、昨年から在韓の美容マニアさんたちの間で熱く語られている商品でして。SK-Ⅱと同じ成分を配合していて、しかもピテラがその何倍も含まれているのに、お値段が千円台という奇跡の品。低価格の理由は、広告宣伝、販促費にほとんどお金をかけていないからだそうだ。

個人的には「ほんと?!ほんとにそんなに良いのー?!」と、確かめてみたい気持ちで購入した。

ネット情報だと、eマートでは3ラインくらいがずらーっと陳列されているとあったのだけど、私が行ったeマートでは、全然見当たらなくて。しぶしぶ美容部員さんに尋ねてみたら、カウンターの後ろに隠されていた!!

これが欲しいと言ったら、やっと取り出してくれた。恐らく、他の陳列商品に比べて格段に安いから、販売員さんたちの利鞘が取れないんだろう。売ってもメリットがないという。その上、噂を聞きつけて買う人が多いから、そんなに商品が揃っていないのも理由なのかな。

結局ラインで買うことができなかったので、乳液とクリーム(紅参シリーズ)と、顔が白くなるという噂のシートマスク10枚を後日、ネット(コリアデパート)で取り寄せた。これ全部で5000円しないって、、、どういうこと?!

f:id:Hi_nekosan:20170501111059j:plain

  

☆サムジキルの屋台で買った「トッケビ」のメミル(蕎麦)君人形。5000w。

ここでは、死神くんは売ってなかった。LINEのキャラクターはたくさん売られていたけど、LINEやってないのでわからない。

 

☆サムジキルの石鹸屋さん跡にあった猫グッズ屋さんで、猫ブローチと猫メモ帳。

ちょっと奈良美智っぽいニヒルな猫が可愛い。姪っ子のお土産。

(石鹸屋さん目当てでいったのに、なくなっていた!!ショックー(涙) しかし帰国後調べてみたら、さらに大きくなって、近所に1軒でお店を移していたことが判明。次回の渡韓では必ず行くぞ!)

 

そして。eマートで買った韓国海苔。大量!!!

これも1+2とかのセットで800円くらいだった。安すぎる。。。

f:id:Hi_nekosan:20170413143431j:plain

 

あとは、三清洞と東大門で購入した洋服なのだが、万が一知り合いにバレると恥ずかしい><ので、写真はなし。

 以上で報告おしまい~。 

 

韓国旅。 その6

 

さて、3日目の続き。

取りえず、旅の記録はこれで終える。長かった。

あとはお買い物篇を残すのみ。

 

カニから、再びタクシーでホテルへ戻る。

ホテルのカードは手に入れていたので、それを運転手のアジョッシに渡すのだが、

あまり知られていないホテルなのか?!

へー、こんなホテルあったっけえ?!ソウルじゃないの~?!と言いながら、ナビにも入れてくれない。(笑)

とりあえず、この住所で、この住所に行ってくれればいいから!とお願いして車を走らせてもらう。

とりあえず、無事にホテルの入り口まで辿り着き、アジョッシを見送る。

そして改めてチェックイン。

 

本日宿泊するホテルはここ! 写真はホテルのエントランス。

f:id:Hi_nekosan:20170413143026j:plain

慶源斎アンバサダー仁川アコー

全室韓屋のホテル。韓屋に一度、泊まってみたかったのですよね。

f:id:Hi_nekosan:20170413143331j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143325j:plain

 

 

エントランスを入ると、立派な螺鈿の作品が。お高いのだろうなー。

f:id:Hi_nekosan:20170413143131j:plain

加えて、天井も高い。

f:id:Hi_nekosan:20170413143138j:plain

 

本日泊まるお部屋まで、コンシェルジュさんのあとをついていく。

いくつかの扉を抜けると、内廊下へ出る。わー、なんかいいじゃないのー♪

f:id:Hi_nekosan:20170413143301j:plain

一枚一枚、韓国の名工が作ったという扉を開ける。一枚板を手掘りしているようだ。細部まで匠の技が光る。素晴らしい!

f:id:Hi_nekosan:20170413143307j:plain

 

お部屋~。素敵だ~。

ドラマ「宮」のチェギョンちゃんのお部屋みたい。

f:id:Hi_nekosan:20170413143144j:plain

もちろんリネンもふかふか。ベッドライナーも素敵な金糸刺繍。可愛い。

f:id:Hi_nekosan:20170413143313j:plain

ネスプレッソのマシンも無料。棚下の冷蔵庫の中身(ビールとかお菓子まで)もなんと無料。

f:id:Hi_nekosan:20170413143156j:plain

また素敵な扉。

f:id:Hi_nekosan:20170413143225j:plain

開けると、お化粧室。ここのアメニティは「エトロ」。ドライヤーは、壁に取り付けてある形式。

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143211j:plain

トイレ。

f:id:Hi_nekosan:20170413143220j:plain

そして!お風呂!!!

f:id:Hi_nekosan:20170413143206j:plain

わー!!!なんと檜風呂~~!しゅてきすぎる!癒される~!

手前にはゆったりシャワーできる洗い場もある。

 

部屋の窓を開けると、外の景色も眺められる。

1階は、テラス付。

f:id:Hi_nekosan:20170413143230j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143242j:plain

 

ホテルが素敵なので、館内を散策してみることに。

 

あれ?!

f:id:Hi_nekosan:20170413143248j:plain

あれあれ?!!

f:id:Hi_nekosan:20170413143319j:plain

 

こ、こ、こ、ここって、、、!!!!!!!!

 

 

トッケビ」13話でシンとウンタクが旅行したホテルじゃないの?!!!

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143856j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143906j:plain

 

うわーーーー!!

ドラマと似てるなぁとは思っていたんだけど、同じだとは思ってもみなかった!

超、嬉しい!!!嬉しすぎる!!

コン・ユも来ていたんだ~☆彡。うきゃきゃっ。

 

でも、シンとウンタクの泊まったお部屋は一番高いスイート。

敷地内の、この目の前の門扉↓の鍵を開けて、更に韓屋の扉を開けて入るとロケの部屋へ。

私たちの泊まったお部屋と違い、スイートは韓屋の庭付きお家が1軒丸ごと貸し出されるみたい。スイートは2軒あるらしいから、ドラマのカットアングルからすると左側の韓屋ね。

スイートの宿泊者しか、入ることのできないエリア。さすが。

f:id:Hi_nekosan:20170413143319j:plain

 

夜になると、更にこのホテルは趣が増していく。

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143406j:plain

キラキラ輝く高層ビルの光に対し、韓屋を優しく照らす満月。

うっとりと見入ってしまう。

f:id:Hi_nekosan:20170413143401j:plain

こちらもホテルの施設。結婚式やイベントなどを行うセレモニーホール。屋根が青瓦を模してブルーのライトで灯している。

f:id:Hi_nekosan:20170413143354j:plain

 

この日のディナーは、お昼のカニ鍋でいつまでも満腹のため、外食は中止。

念のため、近くの食堂でカルビタンをテイクアウトしておいて、深夜に少しだけ食べてお終い。

テレビでは、「シカゴタイプライター」と「トンネル」が放送していたので、それを見ながら眠りについた。

 

 

4日目。

仁川、ジンエアーの7時50分発の便に乗るため、

4時半に起きて、5時にはホテルの目の前に停留する空港バス(これも便利!)に乗る。

2時間前に到着したのだが、ジンエアーは自動チェックインができないので、もんっのすごい長蛇の列!!!同時刻にハワイ行だの福岡行きだの、4か所くらいの便が飛ぶので、人が膨大。刻々と時間が迫ってくる。

チェックイン間に合うのかなあと思っていたら、とうとう私たちの便の呼び出しがかかり、優先的にチェックインしてもらう。

この時点で、搭乗30分前。やばい。駆け足で、免税品のピックアップにまたしても行列し、全速力!!!で、搭乗ゲートに滑り込んだ。ほんとにギリギリ。疲れた。。。

 

ジンエアーを利用するときは、離陸2時間前では正直きつい。お買い物などしたい人は、少なくとも3時間は欲しいところ。朝の7時台の便は止めておいたほうがいいね。

免税店でなんて、買い物している時間は皆無。

というよりも、こんなに最後しんどい思いをするくらいなら、帰りだけでも仁川発のLCCはやめておいたほうが無難だと思った。 

 

自業自得。

 

最近、頻繁に自業自得という思いに至ることが多すぎて困る。

考えなく思いつきで突然行動しちゃうのがいけないのも、わかっている。

 

たしか、先月くらいだろうか。

ネットで結構好きな作家さんの、大学での講演レポートを読んでいて、私も行きたかったなあ~と思っていると、おなじサイト内で、また別の大御所作家さんの大学の公開講座の募集をしていたので気まぐれで、志望動機をあたかも文学オタク少女であるかのように(憑依してさらさらと)、書いて応募してみた。

少人数のゼミ形式で有名作家と対話しながらの授業だそうで、倍率もものすごいだろうし、まあまずだめだろうなと、応募したこともすぐ忘れてしまった。

 

そして先日の夜、郵便屋さんがやってきた。

ポストでいいのになと思っていたら、特定郵便なので、直接配達しなくてはならないそうだ。

 

中身を開けると

例の公開講座に「当選しました」とのお手紙が。

 

ゲッ。

 

当選した。

今の気持ち、喜び2割、焦りが8割。

なぜなら、この講座を受けるには、作家さんが指定した2冊の課題図書を読みこなしていかなくてはならないから。1冊は小説なんでなんとかなりそうだが、もう1冊が難しい書物なんだよっ。

いい加減なバカ野郎(私)は、「まあ受かったら、読めばいいか」と思っていたので現在も未読。買ってすらいない。

だから慌ててアマゾンで本を買う。

やばい。大丈夫か、私。

どちらの書籍も事前知識が0なので、どの程度やばい状況なのかも分からないくらい、やばい。

授業に間に合わなかったら、どうしよう?!絶対絶対怒られる、その作家さんに。

何度かテレビのインタビュー見てても、超恐そう(厳しそう)だったし~><。

 

じゃあ行くなよ!!って話なのだ。

そうなの。くすっ。

そんなんだけど、こんな貴重な機会はそうそうないし(たぶんこの作家さんには二度と会えないだろうと思う)、それに、ここでブッチしてしまった場合、ブラックリストに載せられて、本当に会いたい作家さんの回ではもう二度と呼んでもらえない気がするので、試練だと思って乗り越える。(試練って言うのかしら?)

本が届いたら、しばらく韓国ドラマはおあずけ、、、しなくては無理だろうなぁ。はぁ。。(ため息吐息)。

 

…て、なんだか夏休み最後の「8月31日の小学生(もちろん、出来の悪い)」状態になっている。うちの甥と同レベル!!

どうしていつもこうなっちゃうのでしょうね。トホホ。

韓国旅。 その5

やっと3日目。(恐る恐るアップしている。)

 

昨晩が遅かったので、朝9時に起床。

すぐさまパッキング。朝ごはんは、昨日のチキンとキンパを温め直して、珈琲と一緒にいただく。

ぱっぱとチェックアウトを終えると、次の宿へ移動。2号線と、バスを乗り継ぎ、1時間くらいかけて仁川へ。

 

3日目のお宿にチェックイン。

まだお部屋の準備ができていないということで、スーツケースを先に預けてお昼を食べに外へでる。(ホテルについては後ほど)

ホテル周辺をお散歩して、国際都市とやらを見学する。国際都市さながら、高層マンションが立ち並んでいる。でもソウルから離れて不便じゃないのかな。

1区画1区画ごとの距離があるので、移動は結構疲れる。なんだか北京みたい。

レンタル自転車が欲しいところ。

 

もう昼どきなので、NC CUBEというショッピングモールの中も歩いてみるが、今いちこれが食べたい!というお店も見つけられないので、他に美味しいところがないのか検索してみる。 

 

見つけたのは、仁川の松島(ソンド)にある、「松島ワタリガニ通り」のワタリガニ

ケジャンは江南にも有名なお店があるけど、こちらも有名な場所のよう。採れたての、リーズナブルなカニが食べられるらしい。

さっそく、タクシーを捕まえてGO。

タクシーのアジョッシに、ワタリガニ通りの住所をハングルで見せて、連れて行ってもらう。おじさんに、あまり外国の観光客は訪れないような場所なので、へえ、カニ食べるんだ、珍しいねえ~という反応をされた。日本人少ないのかな。

 さあ、ワタリガニ通りに到着。

これまたランチタイムからずれているせいなのか(14時ちょっと前くらい)、ほとんど歩いている人もいなく、閑散としている。。。だ、大丈夫だろうか…。

しかし、ワタリガニ通りというだけあり、カニのお店がずらり。

どのお店が美味しい、という情報もほとんどないため、自分たちの足で探す。

たまたま通りかかったお店から、地元の家族らしき人たち4,5人が、満腹で、満足そうな顔をして出てきたので、そこに入ってみることに。

店名は、「해가 산꽃게 땅 전문 」 下の写真の店。

f:id:Hi_nekosan:20170413143017j:plain

 

客は誰もおらず。さっきの家族や、その前の家族たちの食事した形跡は残っている。

f:id:Hi_nekosan:20170413142942j:plain

お店には、アジュンマ2人とバイトの女子学生が1人。あとは厨房にアジョッシが2人。

今入っても大丈夫?と聞いたら大丈夫とのこと。良かった~。

席についてしばらくすると、注文を聞きにアジュンマが来る。

基本は、カニの鍋(タン)か、蒸し(チム)かの二択。

鍋のスープも飲みたいなと思ったので、カニの鍋の小(たしか、50000w)と、サイドメニューでケアルペッパン(カンジャンケジャンご飯 20000w)を1人前、そして瓶ビールを頼む。

女子学生がすごい勢いでテーブルセッティングをしてくれる。

まずバンチャンとケジャンが来た~!

このケジャンで1人前。味噌がたっぷりー!美味しそー!!!

f:id:Hi_nekosan:20170413142950j:plain

 

そして、カニ鍋。どーんっ!

f:id:Hi_nekosan:20170413142955j:plain

鍋の中には、ワタリガニが丸2杯分、ネギ、玉ねぎ、ジャガイモ。その上に、大量の春菊が乗る。ぐつぐつ煮えてきたら混ぜて勝手に食べてねと、殻入れ、カニの殻切専用ハサミ、カニ身をほじくる柄の長いスプーン、ビニール手袋を渡してくれるアジュンマ。素晴らしいセットね。

煮えてきたので、よく混ぜる。

ふわーーーーっ、美味しいそうだよ~。

f:id:Hi_nekosan:20170413143004j:plain

 

鍋のカニが熱いので、小皿で冷ましている間、カンジャンケジャンの中身をほぐしてご飯に乗せて食べる。

きゃーーー。このカンジャン、超美味い。

全く、全く、臭みがない。すっごい美味しい!!カニも中身がぎっしりで、味噌がとっても濃厚~。カニ身はとぅるんとぅるんに透き通っている。身そのものの旨味とカンジャンの旨味が混ざり合っている。

みてみて↓、このカニ味噌の立派なこと!!

f:id:Hi_nekosan:20170413143010j:plain

いやあ。ソウルのケジャンの店より格段に美味しい。

鍋のカニも、ハサミでチョキチョキ解体しながら食べる。爪の先まで身がみっしり、ぎっしり、そして旨味もぎっしり!

はふーーーん!辛味は、日本人でも大丈夫な適度な辛さ。(辛ラーメンくらい)スープも美味しい!野菜も美味しい。春菊って、辛い鍋に合うんだね。

どちらも、有有、大ありくい!

これで一人5000円いかないってどういうこと?!

また来たい!また、来よう!!!

 

帰国後、この店を日本人のブログで探しても初出のようで何も情報がなかった。ハングルで検索してもまったく見つけられなかった。出たがりの店ではないみたい。

ただ、一人5000円以下で、お腹いっぱい食べられて、とっても美味しかったので、数ある選択肢の一つとしていただければいいな~。

 

あとこのお店は、日本人が大好きな「カンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)」というメニューはないので、要注意。あくまで蟹鍋・蒸し鍋メインのお店みたい。

私たちと同じ、「ケアルペッパン(蟹の醤油漬けご飯)」を頼めば、写真のようなケジャンとご飯が別々にやってくるので、鍋や蒸しと、生のカニ、どちらも楽しみたい人にはお勧めなお店。

そんなお店なので、ショップカードもなく、ネット情報もないので住所は不明。

ワタリガニ通りのメインを右折してすぐだったかな。向かい側にコンビニGS25あったので、上の写真の店構えと合わせて見つけていただければ分かるかな。

 

  

よくやった!

 

誰も褒めてくれないので、自分で自分を自画自賛する。

 

昨年、取引先からいただいた胡蝶蘭に、もくもくと5日に1度、水をあげ続けること1年。

人生初、再び咲かせることに成功した。普通の人には当たり前かもしれないけど、ずぼらな私は、毎度毎度枯らしてしまって鉢ごと捨てる度、「ごめんよぉ~」と罪悪感にさいなまれていたので、感無量。

f:id:Hi_nekosan:20170426103225j:plain

よくやった!

 

第2弾。

八百屋を通りかかると、採れたての筍を今日水煮したものと、木の芽が並んでいるじゃあないか!筍ご飯~!!!

前日の夜、飯炊きババアをしたばかりで、冷凍ご飯のストックがたくさんあるけど、、、と数秒悩むが、その時にしか美味しく食べられない「旬」を逃してはいけないと即行決断。いざ買おうぞ!

f:id:Hi_nekosan:20170426103635j:plain

米を浸水する時間もあるので、もう時間がない。

飛んで帰ると、着替えもせずに、すぐ調理に取り掛かる。

ここで、油揚げを買い忘れたことに気づく><。が、まあ仕方ない。

いつもは玄米だが、今日は白米。コシヒカリ2合。

浸水を40分して、水を捨て、白出汁、お酒、みりん、醤油を入れて土鍋に火にかける。

沸騰したら、がしがし米をかき回して(底と上の米を入れ替える要領)、刻んだ鶏肉と筍を入れて蓋をする。

HARIOは蓋がガラスで中身が見えるのがいいかと思ったけど、炊いている最中は、このように曇っていて、全然見えない。やっぱり二重蓋の萬古焼きの方がすきだなあ。

f:id:Hi_nekosan:20170426104022j:plain

弱火で待つこと12分。今回筍の水分を考慮し忘れてしまったので、蓋からぷつぷつ音がしている。気持ち水が多めのようだった。水を飛ばすため、火を強めて2分くらい延長して、40分蒸らす。

 

出来上がり!筍しか見えてないけど。これを温かいうちに混ぜ混ぜする。水分調整のミスと最後に火を強めたせいで、底に少しおこげができていた。次回は水分をもう少し控えて、12分は死守することにしたい。

f:id:Hi_nekosan:20170426104133j:plain

夜遅いけど、小鉢で味見をする。

f:id:Hi_nekosan:20170426104318j:plain

 はうっ。

う、うーーーーーーまーーーーーーい!!!

信じられないくらい、美味しいんですけど……(涙)。

筍はエグミもほとんどなく、適度にしゃきしゃきと歯ごたえもあり、風味も抜群。

止めは、ご飯。出汁というのか、米ひと粒ひと粒に、旨味がぎゅぎゅーーっと凝縮されたように美味しい。癖が全くでていない。驚き。そして塩加減。筍の味を邪魔することなく、そして薄すぎもしていなく、丁度良い塩梅。ブラボー。

ついで、木の芽。このぴりりと舌に乗る刺激。鼻先に抜けるクセのある香り。なんてえ、筍ご飯にマッチするのだろうか?!山椒、好きだわ~~。

ほんとに我ながら、なんでこんなに美味しくできたのだろうか?

筍が新鮮だから?白出汁だから?鶏肉の出汁?正直、実家よりも、今まで食べたどこよりも奇跡的に美味しかった。

 

よくやった!

 

 

 

今日も眠れない。

週末もそこそこ出来事はあったものの、書くことができなかった。

なぜなら。

毎日寝不足だからぁーーーーっ。(ドンゴンっし風に)

 

土曜日は、恒例編み物教室なのだが、しばらく放置しっぱなしだったので、

金曜の夜、ちょっとやる気エンジンをかけようと、課題の途中だった編み物を広げてみた。

ら、ら、ら。なんとーー。後ろ身頃と左前身頃の一目ゴム編みの裾部分の目数が違っておる!!!!ことに気づき、深夜のマンションで大絶叫!!!

もうどうにも修正のしようがないので、左前身頃をしゅるしゅるとほどくことで一日が空けた。アランニットなので、3玉も使っていた。orz

翌日、お教室に行き、無心無言で前身頃を編み出していると、先生が不思議そうに私を見ている。そう、先月とまったく同じ光景だからwww。先生にデジャブを見せてしまった。私もデジャブだけど。完成はいつになることやらやら。

 

日曜日、母が誕生日だったので、プレゼントとケーキを買って帰る。私の何十倍も本読みなので、〇万円分の図書カードを男前にバサッとあげる。金券なんて、味気がないかもしれないが、数十年、あらゆるプレゼントを施した結果、数年前にあげた図書カードが、一番喜ばれていることに気がついた。「このお蔭で、(年金や生活費で買っている)罪悪感もないし、思う存分好きな本が買えて嬉しい!!」と素直に喜んでいるので、これでよし。

その後、地元の美容室でまたマッシュルームを小さ目にシメジにしてもらって、買い物をして帰宅。

 

そして、先週買った「応答せよ1988」のDVDを見る。

実は、うちの甥っ子が、ここに出ているある俳優にそっくりで!どうしてもそれを妹に確認してほしくて、見てくれと話したら「見たいけど、ケーブルテレビではもう放送終わってるし、ツタヤに借りに行くのが面倒くさい」といいやがる。じゃあ姉さん買うから貸してやるよ!と言った勢いで、購入した。

もちろん、正規版じゃないやつ。tvNで放送されたものをそのまま録画しているもの。すなわち、ノーカット、ノー修正。(応答せよシリーズは、時代柄、映倫や権利に触れるものが多く登場するため(バッタもんとか日本のアニメやグッズとか、外タレの音楽とか)、カットが半端ないことを1977の正規版を買ってわかった。)

妹に貸す前に、久し振りに見るか~、と思って見だしたら止まらない。

毎日ドラマ地獄に襲われている。

このドラマ、1話が100分~120分なんで、面白いけど長すぎる。

だから毎日寝不足で、日中はまったくもって思考が止まってしまっている。

っつーか、寝ろよ!

そして、仕事しろよ!