読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

週末記。

 

土曜日。

自業自得なことを更に起こす。

ずいぶん前にリクエストしていた図書(100人~500人待ちなので、リクエストしたことも忘れている)があるのだが、一気に3冊の貸出し連絡がきてしまった。しかも、すべてが投資本。

(実は私の趣味の1つに「投資」もありまして。金の話は色気がないので書かないけど。)

これから小説や文学書を読まなきゃなんないのに、金の話ってなにさ?!!

まあ仕方ない。またしても自業自得。

本を取りに行ってから、同じ町内に住んでいる元同期と飲む。

彼女は二人の子持ちで、2年半ぶりに、先週社会復帰したばかり(の現在は国家公務員)。

育児も仕事も超多忙なのに、無理やり呼び出し、お子たちを旦那に預けさせ、復帰祝いということを言い訳に飲ませた。彼女とは、新卒の研修の頃から仲が良く(誕生日が1日違いってことで意気投合した)、私がこの街に越してきた理由のひとつは彼女が住んでいるから。老後も共同体作って楽しもうねと誓い合う。老人アパート作らないと。やっぱり金だわ。

 

日曜日。

珍しくテレビをつけず、ひたすら借りてきた図書を読む。

鎌倉投信・新井さんの『投資は「きれいごと」で成功する』とクルミドコーヒー・影山さんの『ゆっくり、いそげ』と、新井さん好きであればみなさんご存知の、法政大学・坂本教授の『日本でいちばん大切にしたい会社』の3冊。

投資というか、経営の健全な会社とは?、会社、社会の使命とは?、人間にとっての幸福とは?という経済で貨幣が循環していくほんとうの意味を再認識させられる書籍だった。

特に坂本教授の本を読みながら、だーだー涙が止まらなくなってしまった。投資の本で号泣するなんて?!とてもいい本なので、これから就職する学生に読んでほしい。これから社会へ出て行く若者に、とても役に立つ本だと思うから。

 

夜。本を読むのに飽きてきたので、「1988」の続きを見る。やっぱり、この作品はいい。誰のストーリーでも涙が出てしまう。ジョンフンのあの不器用さ!!もうちょっと、勇気を出して素直になれば!とおばさんは思ってしまう。そして、ジョンボンヒョンの海のような優しさ。なんて愛らしい!(笑)トクソンも、あの頃からもう好きだったんだなあと、冷静に注意して見ていると、表情や声のトーンの変化に気づく。何度見ても発見があっていいな。

ソヌとドンリョン役の俳優さんは、現在韓国で放送中のドラマ「シカゴタイプライター」「自己発光オフィス」でも活躍中。ドンリョンと一緒に、1977のホヤ君も出ているので、「わあ、応答せよコンビだぁ」と懐かしく、嬉しくなってしまった。