読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

韓国旅。 その6

 

さて、3日目の続き。

取りえず、旅の記録はこれで終える。長かった。

あとはお買い物篇を残すのみ。

 

カニから、再びタクシーでホテルへ戻る。

ホテルのカードは手に入れていたので、それを運転手のアジョッシに渡すのだが、

あまり知られていないホテルなのか?!

へー、こんなホテルあったっけえ?!ソウルじゃないの~?!と言いながら、ナビにも入れてくれない。(笑)

とりあえず、この住所で、この住所に行ってくれればいいから!とお願いして車を走らせてもらう。

とりあえず、無事にホテルの入り口まで辿り着き、アジョッシを見送る。

そして改めてチェックイン。

 

本日宿泊するホテルはここ! 写真はホテルのエントランス。

f:id:Hi_nekosan:20170413143026j:plain

慶源斎アンバサダー仁川アコー

全室韓屋のホテル。韓屋に一度、泊まってみたかったのですよね。

f:id:Hi_nekosan:20170413143331j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143325j:plain

 

 

エントランスを入ると、立派な螺鈿の作品が。お高いのだろうなー。

f:id:Hi_nekosan:20170413143131j:plain

加えて、天井も高い。

f:id:Hi_nekosan:20170413143138j:plain

 

本日泊まるお部屋まで、コンシェルジュさんのあとをついていく。

いくつかの扉を抜けると、内廊下へ出る。わー、なんかいいじゃないのー♪

f:id:Hi_nekosan:20170413143301j:plain

一枚一枚、韓国の名工が作ったという扉を開ける。一枚板を手掘りしているようだ。細部まで匠の技が光る。素晴らしい!

f:id:Hi_nekosan:20170413143307j:plain

 

お部屋~。素敵だ~。

ドラマ「宮」のチェギョンちゃんのお部屋みたい。

f:id:Hi_nekosan:20170413143144j:plain

もちろんリネンもふかふか。ベッドライナーも素敵な金糸刺繍。可愛い。

f:id:Hi_nekosan:20170413143313j:plain

ネスプレッソのマシンも無料。棚下の冷蔵庫の中身(ビールとかお菓子まで)もなんと無料。

f:id:Hi_nekosan:20170413143156j:plain

また素敵な扉。

f:id:Hi_nekosan:20170413143225j:plain

開けると、お化粧室。ここのアメニティは「エトロ」。ドライヤーは、壁に取り付けてある形式。

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143211j:plain

トイレ。

f:id:Hi_nekosan:20170413143220j:plain

そして!お風呂!!!

f:id:Hi_nekosan:20170413143206j:plain

わー!!!なんと檜風呂~~!しゅてきすぎる!癒される~!

手前にはゆったりシャワーできる洗い場もある。

 

部屋の窓を開けると、外の景色も眺められる。

1階は、テラス付。

f:id:Hi_nekosan:20170413143230j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143242j:plain

 

ホテルが素敵なので、館内を散策してみることに。

 

あれ?!

f:id:Hi_nekosan:20170413143248j:plain

あれあれ?!!

f:id:Hi_nekosan:20170413143319j:plain

 

こ、こ、こ、ここって、、、!!!!!!!!

 

 

トッケビ」13話でシンとウンタクが旅行したホテルじゃないの?!!!

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143856j:plain

f:id:Hi_nekosan:20170413143906j:plain

 

うわーーーー!!

ドラマと似てるなぁとは思っていたんだけど、同じだとは思ってもみなかった!

超、嬉しい!!!嬉しすぎる!!

コン・ユも来ていたんだ~☆彡。うきゃきゃっ。

 

でも、シンとウンタクの泊まったお部屋は一番高いスイート。

敷地内の、この目の前の門扉↓の鍵を開けて、更に韓屋の扉を開けて入るとロケの部屋へ。

私たちの泊まったお部屋と違い、スイートは韓屋の庭付きお家が1軒丸ごと貸し出されるみたい。スイートは2軒あるらしいから、ドラマのカットアングルからすると左側の韓屋ね。

スイートの宿泊者しか、入ることのできないエリア。さすが。

f:id:Hi_nekosan:20170413143319j:plain

 

夜になると、更にこのホテルは趣が増していく。

 

f:id:Hi_nekosan:20170413143406j:plain

キラキラ輝く高層ビルの光に対し、韓屋を優しく照らす満月。

うっとりと見入ってしまう。

f:id:Hi_nekosan:20170413143401j:plain

こちらもホテルの施設。結婚式やイベントなどを行うセレモニーホール。屋根が青瓦を模してブルーのライトで灯している。

f:id:Hi_nekosan:20170413143354j:plain

 

この日のディナーは、お昼のカニ鍋でいつまでも満腹のため、外食は中止。

念のため、近くの食堂でカルビタンをテイクアウトしておいて、深夜に少しだけ食べてお終い。

テレビでは、「シカゴタイプライター」と「トンネル」が放送していたので、それを見ながら眠りについた。

 

 

4日目。

仁川、ジンエアーの7時50分発の便に乗るため、

4時半に起きて、5時にはホテルの目の前に停留する空港バス(これも便利!)に乗る。

2時間前に到着したのだが、ジンエアーは自動チェックインができないので、もんっのすごい長蛇の列!!!同時刻にハワイ行だの福岡行きだの、4か所くらいの便が飛ぶので、人が膨大。刻々と時間が迫ってくる。

チェックイン間に合うのかなあと思っていたら、とうとう私たちの便の呼び出しがかかり、優先的にチェックインしてもらう。

この時点で、搭乗30分前。やばい。駆け足で、免税品のピックアップにまたしても行列し、全速力!!!で、搭乗ゲートに滑り込んだ。ほんとにギリギリ。疲れた。。。

 

ジンエアーを利用するときは、離陸2時間前では正直きつい。お買い物などしたい人は、少なくとも3時間は欲しいところ。朝の7時台の便は止めておいたほうがいいね。

免税店でなんて、買い物している時間は皆無。

というよりも、こんなに最後しんどい思いをするくらいなら、帰りだけでも仁川発のLCCはやめておいたほうが無難だと思った。