読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

韓国旅。 その4

 

2日目の続き。

焼肉の後、ホテルにスーツケースを取りに戻り、2号線で東大門歴史文化公園駅から、建国大学入口駅に出る。

そうしたら、ホームで素敵なコン・ユさんが♪ KANUの広告ね。かっこいい~。コーヒー飲みたい~。

f:id:Hi_nekosan:20170413142625j:plain

建国大学入口を出てから1分歩いてすぐのホテルへ。

 

本日、泊まるホテルは、ここ。

ザ・クラシック500。

今回の旅のブッキングは全て同行者にお任せしていたので

私もはじめましてな状態。

クラシック500、キレイなレジデンスホテル!

 

50数階建ての高級レジデンスの27階だったかそのくらいまでが、旅行者用だそう。

その階より上の階は、普通の住まいとされているらしく、

友人が以前泊まったときには、同乗したエレベーターに、明らかに「アイドル」らしい雰囲気ぷんぷんの、美しい青年が上の 階へ上がっていったそうだ。

芸能人、住んでいそうだ~。

玄関を入ると、広い廊下が。左側は全面クローゼット。

f:id:Hi_nekosan:20170413142727j:plain

クローゼットの向こう側は、リビング。広い。

f:id:Hi_nekosan:20170413142634j:plain

手前はキッチン。レジデンスなので、電器コンロ、オーブンレンジ、冷蔵庫、ワインクーラー、調理器具、食器類まで一通りそろっている。

f:id:Hi_nekosan:20170413142704j:plain

調理台の上の瓶は、ホテルから宿泊のお礼だそう!赤ワインのフルボトル!気前がよろしいね。

f:id:Hi_nekosan:20170413142645j:plain

ブラインドを開けると。

PM2.5蔓延の霞ががった空の中(汗っ)、建国大学のキャンパスが広がる。池も大学敷地内のよう。

f:id:Hi_nekosan:20170413142651j:plain

さて反対側。

周囲にも高層マンションが乱立。日本みたい。

結構どのお宅も、カーテンやブラインド全開で丸見え。丸見えにしても、構わないくらい素敵なインテリア、だともいえるのか。我が家とは大違いだわww。

眼下には、ロッテマートやショッピングモール、映画館、eマートなど複合施設が並んでいる。とても住みやすい街なのね。

f:id:Hi_nekosan:20170413142657j:plain

ベッドルーム。広い。寝具もふっかふかだった。

f:id:Hi_nekosan:20170413142721j:plain

大理石のシャワールーム。バスタブはなし。でもアメニティが「アロマテラピーアソシエイツ」のものだった!ここの製品ほんとに香りも良いし、有能なのだよね。それに高価だし。。。

f:id:Hi_nekosan:20170413142714j:plain

トイレはTOTO製。

f:id:Hi_nekosan:20170413142736j:plain

日が落ちてきたので灯りをつける。雰囲気のあるリビングね。

f:id:Hi_nekosan:20170413142839j:plain

 

この日の夕飯は、16時に焼肉を食べたこともあり、外食はしないで、

下のeマートで食材を買い込んで、ホテルで食べることに。

実はこの日、知り合いの韓国人の子(ソウル在住)が遊びに来ることになっていたので、3人分(以上の食材)を購入。

スクールフードのキンパと、ヤンニョンチキン、フライドチキン、サラダ、餃子、チャンジャ、チーズ、ビール、マッコリ、ワインがずらり~。

f:id:Hi_nekosan:20170413142742j:plain

夜、22時過ぎに、韓国の子が遊びにやってきた。

この子は日本の美大を卒業後、友人の会社に就職したものの、やっぱりアーティストになりたい!と一念発起し、ソウルに戻り目出度くアーティストになられた子女。凄い!偉い!

事前に見せてもらっていた作品も、とても素敵だった。

私より1周り下の子だったけど、礼儀正しく、可愛くて、性格もいい子で、何より日本語がめっちゃ上手で驚いた。私もこのくらい韓国語を上達させたいな!といい刺激になった。

さすがに20代の娘さんなので、恋バナが次から次へとたくさん出てくる!しかも、私の周りでは当たり前となっている、ドロドロしたおぞましい話ではなくて、ふわふわ 少女漫画みたいに、聴いているだけでウキウキしてしまうような可愛い話。あー、いいね~。やっぱり若い子たちには、若い時にしかできない、健全な恋をしてほしい。楽しくおしゃべりしどうしで、彼女をタクシーに乗せ送り出したのが深夜3時だった。

韓国の夜は長い。