読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

大驚失色(+_+)

いつも眠りは深い方で。

昨晩もぐっすり夢の中だったのだが。

 

ベットの中で突然、「つめたいっ!!」足がもの凄く冷たい物に触れたショックで目が覚めた。

え?何?!

と、ベッドの中、ごそごそと仰向けの常態で、足を移動させながら、冷たい箇所を探る。

 

すると、尻の下あたりから、膝のあたりまで、じわーっとベッドが濡れている!!!

 

ひーーーいいいっ。

 

私、お、おもらししましたーーー?!!!

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

信じられん、、、。

一気に眠気も覚め、顔が青ざめる。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

おばちゃんの仲間入りに甘んじていたはずが、そんなのすっ飛び越えてお婆ちゃん(それもかなりの達人)にまで成り上がってしまっとは!先取りしすぎだぞ!

これから私はパンパースおばちゃんと呼ばれるのでしょうか?ぞぞぞ。

 

なんてことが脳裏を過りながら、

忍者のような早業でバビョンと飛び起き、掛布団一式をえいやっとはがす。

 

はれ?

よく見ると、おねしょの湖の真ん中に、愛用の湯たんぽが転がっているよ。

しかも、口からちょろちょろ水が、出ているじゃないの。

なんて、なんてだらしない口なんだい!(って、お前がちゃんと締めなかったからじゃないかー!by湯たんぽ)

 

湯たんぽに悪態をつきながら、心ではホッとしている自分がいる。(´Д⊂ヽ

ゴロゴロ寝返りをしているうちに、湯たんぽを圧迫して、中の水が、ゆるい口から飛び出してきてしまったらしい。

恐る恐る、自分の尻のあたりを触ってみたら、尻周りは全く濡れていなかった。ほっ。

あー、よかったあ。まだお婆ちゃんじゃなかったあ~。

とりあえず、濡れている箇所を拭いて、バスタオルを敷いてから再度就寝。

 

この騒動のおかげで、それ以降はなんだか怪しい夢を見続けていたようだ。寝起きの身体がすこぶる重かった。

 

湯たんぽは、きっちり!締めないといけないね。

湯たんぽ愛好家の皆様は、お気を付けあそばせ!