読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

今年はご祈祷。

30代はなかなか、厄に関する年が多いようで、

毎年毎年厄払いをしているような気がした。

 

昨年は、厄が全くない年だったので、調子こいて過ごしていたら、

ここ10年で一番悪い年だった。特に前半がね…。

なんでだ?!なんで、こんなにひどかったんだー?!と思いかえしてみたところ、

昨年はお祓いをしていなかったからじゃないか?うんそうだ!それに違いない!と、都合よく解釈をした。

 

ということで、今年は験を担ぐことにして、母の実家の寺で1年間のお祓い、、、でなく、ご祈祷をしてもらうことにした。

 

母の実家は女姉妹だった従妹が僧侶のお婿さんをもらい、寺社を盛り上げようと頑張っている。

毎年1月初旬には、100日荒行(日蓮宗の大荒行堂)にも何度も臨んでいるお婿さんの荒行時代の同士?の僧侶の方も呼んで、10数名のお坊さんたちが一度に自分たちのためだけに、ご祈祷してくれるありがたい会を催している。

当初は、親戚、檀家さんくらいしか参加していなかったのだが、こんなありがたいお祓いは、そうそうないため(ご祈祷料が安い。それにお土産もたくさん)、いつの間にかご近所の人や、檀家さんの遠い親族の方たちまでと、すごい数の参加者になったようだ。

先日の連休に、両親、妹たち家族、一族総出でご祈祷に参加してきた。

私たち、妹たち家族は第2回目の回に参加。

30分?1時間?余り、ありがたく、ご祈祷いただいた。

お土産は、家族それぞれの名前の入ったお札とお守り、台所とトイレに貼る火の神様と、水の神様のお札と、お菓子をいただいた。(厄年の人はそれに加えて、幣束ももらえる。南に向けて飾るといいらしい。)

 

帰りに、皆で寺に眠る祖先のお墓参りもして、解散。

これで1年を無事に過ごせるはず!

厄に関係なくても、年に1度、ご祈祷いただくことは、

なんとも気持ちが引き締まってなかなか良いものなのだな。

と初めて気づいた2016年赤口でした。