読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのう、何してたかな。

猫好き、山好き、本好き、映画・ドラマ好き。トドメは食いしん坊OLの、平凡な記録です。

油断のならない部屋。

つい先日の話。 

 

「ピーンコーン ピーンコン…」

 

隣の部屋から聞こえてくる怪しげな音。

 

「ピーンコーン ピーンコーン…」

 

「ピーンコーン ピーンコーン…」

 

「ピーンコーン ピーンコーン…!!!火事です。近隣で火事が発生しました!ただちに非難してください!」

 

あああ。私の部屋まで鳴りだした。目の前の警報機のモニター画面に火がぼうぼう燃えている絵が点滅しだした。

 

原因は、恐らく隣の部屋の警報機の誤作動。念のため、音と、煙と臭いを確認。

99%、誤作動を確信。

 

やれやれ。ぼやいている間に、マンション中に警報がわんわんと響きだす。

 

誤作動だって分かっているけど、誰も止めようもなく、仕方がないので

一連の儀式のために、外着に着替えてお外へ出る。

ああ。今日は一日部屋で編物して過ごす予定だったのにな!

 

この先は、警備会社と、消防署と、警察署の方々が駆けつけて、警報を解除して、該当の部屋の現場検証をして帰る、というストーリー。

が、なんでわかってしまうのだろうか。

 

私が知っているだけで、3回目なのだ。

以前、2回ほど、4、5人の屈強な男たちが(消防士さんたちが)私の部屋からベランダを越えて、隣の部屋へ飛び込んで行かれたが。

もう、いい加減、私の部屋に入られるのは勘弁してほしい。

なぜなら、本日の私のお部屋は、編物の毛糸が散乱していて、蜘蛛の巣のようだから。

スパイダー女の部屋に、そんなに気軽に4,5人の男性を入れるわけにはいかないのさ!

 

なので、マンションのエントランスにいれば、必ず隣人の私を探されてしまうので、

今回は、逃げた。というか、隣の人、いるし(なぜか、この家族は出てこないし)。

 

近所の図書館で、1時間本を読んでマンションに戻る。

隣人は現場検証中のようだが、とりあえず部屋に戻る。

 

なんて、人騒がせな。

でも、警報機が悪いので、隣人が悪いわけでもない。誰も責められないのが辛いところ。(責めるなら、管理会社だけども。休日なので、仕方ない)

 

お風呂に入って、寝る支度をして、ベッドに入る。未だに、警報機の音の幻聴がする。

あの音だけは、動機が止まらなくなる。ハラハラさせられる。

 

はー、早く眠りにつきたい、、、、。zzzz。

 

となったところで、またもや警報!!!

あれ?幻聴?!

じゃなく、本物の警報。

 

また?!

今、深夜の1時半なんですけども。

 

目の前の警報モニターに炎マークが出だしたので、

再びパジャマから外着に着替え、エントランスに出る。

 

「またですか?!」

「またですよ!」

という住民たちの会話をして、

また同じストーリーを繰り返す。

 

そして、恐ろしいことに!

おなじことが、このあとまた深夜3時半にも起こったのだ。

三度、同じ行動をして終了。

 

 消防士さんたちが、かわいそうだ。そして、税金の無駄遣い。

警報機を住民たちでなんとかする方法って、ないのかしら。

通常の購入マンションなら、理事とか設置するので、どうにかなりそうだけど。

このあたりが、賃貸マンションの困るところだな。

結局この日は、一睡もできずに出社した。

 

兎にも角にも、

ここは、油断のならない部屋だ。